ひとつの柑橘だけでなく、ミックスした柑橘の和梅酒「紀州 和宝五柑」

2016/02/27

こんにちは、SHUGAR MARKET で楽しめる梅酒・果実酒を紹介していくこちらのシリーズ。今回は個性的な梅酒で有名な中野BCさんの「紀州 和宝五柑 柑橘の和梅酒」をご紹介していきます!

ひとつの柑橘だけでなく、ミックスするから美味しい理由

th_IMG_0580
「和宝五柑」はとっても健康的な梅酒。和歌山の「温州みかん」「はっさく」「だいだい」「あまなつ」「三宝柑」という五種類の柑橘果汁を、梅酒にふんだんに加えています。「ゆず梅酒」や「レモン梅酒」など、 柑橘系を使った梅酒が人気なのはご存知ですか?(SHUGAR MARKETでも飲めます!)でもこの「和宝五柑」は、5種類もの柑橘類をミックスしているんです。
 

銘柄の意味も、“和”歌山の“宝”である“柑”橘を“五”種類使用している事から「和宝五柑(わほうごかん)」と付けたそう。和歌山県は柑橘類がほんとに豊富な“柑橘王国”。海と山に囲まれた温暖な気候が柑橘栽培には最適で、そんなあたたかな地域で、あたたかい人の手で、美味しい柑橘は育てられます。あぁ、柑橘好きにはたまらない環境です!

どこの、どんな柑橘が入っているの?

th_IMG_0591
太陽の恵みと黒潮から吹く潮風。和歌山の風土が育てた柑橘五種を厳選し、梅酒にしました。

温州(ウンシュウ)みかん

日本独自の品種で皮がむきやすく、種もなく食べやすい。温州みかんは収穫時期や産地により多くの品種があります。千葉県以西の温暖地で広く栽培されます。

八朔(はっさく)

果肉は淡い黄色でしっかりした実で、適度な酸味があります。果汁や香りは少なめですが独特のサクサク感とサッパリ感が魅力。

だいだい

景行天皇の時代にインドから輸入され、日本各地で栽培されています。果実は酸味が強く、生食用には向きませんが、食酢として利用され、花が香油の原料となります。また、ペクチン類を多く含み、マーマレードの原料には好適です。

あまなつ

初夏に向けて甘酸っぱさとあっさり感を楽しめます。皮が厚くおおきめ、夏みかんの枝変わりとして発見されました。酸が早く抜け、その分甘味が強くなります。

三宝柑(サンボウカン)

和歌山県原産。淡黄色の皮は厚いのですが、もろくむきやすいです。果肉は、香りがよく、酸味は少なめ。頭が飛び出しているユニークな形から、だるま柑と呼ぶ地域もある。
 

酸味があるものから甘みが強いもの、マーマレードに向いているものから香りの高いものまで、個性豊かな5種類。これを見ただけでは、混ぜるという発想は浮かびません。でもこれが…本当に合うんです!個人的には果実のままで、サクサク感や酸っぱい味も感じてみたいですね(笑)

そのお味、オススメの飲み方は?

th_IMG_0590
さて、個性的な5種類の柑橘類が集まり梅酒と合わさったとき、一体どんな味になるんでしょうか。柑橘の酸味と甘みが5つ集まることで、味は複雑かつ絶妙なバランスになっています。どちらかと言うと甘みよりもすっきりさを重視したティスト。気分を変えたい、すっきりしたいなんて時にお勧めです。
 

氷を入れてソーダ割りも、とてもおいしいです。 夏は氷を入れてロック、冬はお湯割りでホット梅酒でも楽しめます。季節を問わず、SHUGAR MARKETではどの飲み方も体験できますので、ご来店の際は是非味わってみてくださいね!

shugar_slide_pc01
「SHUGAR MARKET(シュガーマーケット)」はコチラ

shugar
shugar

SHUGARの公式情報をいち早くお届けする公式アカウント。

SHOP LIST

店舗一覧

SHUGAR MARKET 渋谷店

SHUGAR MARKET 新宿店

SHUGAR MARKET 福岡天神店

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

メルマガ登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします