花粉症に効果的?!幻の柑橘「じゃばら」の知られざる効果!

2016/03/06

皆さんこんにちは。

そろそろ気温も上がってきて花粉症の方には辛い季節がやってきました。そこで今回のSHUGARマガジンでは花粉症に効く!と言われている果物「じゃばら」の魅力を伝えていきたいと思います。

「じゃばら」とはどんな果物?

th_じゃばら

じゃばらは和歌山県東牟婁郡北山村を原産地とする柑橘類の一種。もともとは北山村の一人の村民の敷地に一本だけ自生する自然雑種で原木の持ち主でもある福田国三氏が子供から慣れ親しんだ味として広めようと立ち上がったのが始まりです。

初めは誰も注目せずなかなか広がることはなかったのですが、昭和47年、世界に類のないまったく新しい品種であることが研究により判明。その後村では農園を開き積極的に特産物としてじゃばらのPRを始め、今では全国区の知名度を持つ果物となりました。

じゃばらの味わい

じゃばらはユズよりも果汁が豊富で、ユズやスダチとは違った風味があり、糖度と酸度のバランスのとれた、まろやかな風味が特徴。加えて、酸っぱさの後に残るほんのりの苦味が独特で、まろやかな風味の中に隠れたこの味がじゃばらの人気を支える秘訣となっています。

種がほとんどないので、そのまま搾って果汁にしたり、また自宅でマーマレードや調味料として活用したりと様々な用途で使われます。

じゃばらは花粉症に効果的?

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_m

じゃばらが全国的な知名度を得た理由の1つとしてあげられるのが、多くの日本人を悩ませる「花粉症」の症状を改善させる効果があるというもの。

実はじゃばらに含まれている色素の一種である「ナリルチン」が花粉症の症状を引き起こす過程で発生する「脱顆粒(だつかりゅう)」を抑制する作用があり、花粉症の諸症状の改善に有効なのです。

これは専門の研究機関による調査でも証明されており、今では花粉症に対する民間療法として「じゃばら」の果汁を摂取することが浸透していますね。

天然由来のものなので薬を服用する場合と違い眠気などの副作用もなく、薬の飲めない妊婦の方でも安心して摂取することが可能です。

SHUGAR MARKETで飲めるじゃばらのお酒

th_IMG_0895

SHUGAR MARKETではじゃばらを使用した果実酒も提供しています。どんなお酒なのか紹介していきましょう。

SHUGAR COLD PRESS material CITRUS JABARA じゃばらの果実酒

th_IMG_0898

「SHUGAR COLD PRESS material CITRUS JABARA じゃばらの果実酒」はSHUGAR MARKETのオリジナルリキュールで、コールドプレス製法により果実の成分を壊すことなくそのまま閉じ込めています。じゃばらの果肉がたっぷりと詰まっており、独特な苦味と酸味がクセになる味わいです。

吉野物語 下北山村育ちのジャバラ

th_IMG_0903

北岡本店のリキュールブランド「吉野物語」シリーズの1つ。奈良県下北山村産のジャバラを使用しています。みかんやゆずとは違った、透き通るような爽やかな味わいを堪能できます。


以上、じゃばらについていかがでしたでしょうか。花粉症に悩まされているという方!SHUGAR MARKETに訪れた際は是非じゃばらのリキュールを試してみてください。

shugar_slide_pc01
「SHUGAR MARKET(シュガーマーケット)」はコチラ

shugar
shugar

SHUGARの公式情報をいち早くお届けする公式アカウント。

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

メルマガ登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします

instagram、Twitter、FacebookでKURANDをフォローして最新情報をチェック! Twitter Facebook Instagram