お正月飾りに秘められた謎!鏡餅に「みかん」や「柿」が使われる理由を説明します♪

2018/01/02

あけましておめでとうございます。SHUGARです。今年も宜しくお願いいたします。
 
ところで、お正月によく飾る「鏡餅」の上にはみかんが、横に添えられる「串柿」には柿が使用されますが、その由来をご存知でしょうか?
 
そこで今回は、鏡餅に「みかん」や「柿」が使われる理由を説明します!
 

なぜ正月にみかんを飾るのか?

実はみかんではなかった!

鏡餅の上に飾られているみかんですが、実は「橙(だいだい)」というものです。
 
橙は、みかんと同じ柑橘類の樹木および果実ですが、苦味と酸味が強いため食用としてはあまり流通していません。
 
西洋では「ビターオレンジ」「サワーオレンジ」などと言われ、マーマレード用の果物として栽培されています。日本では、ポン酢の材料として使用されています。
 

「代々栄える」縁起担ぎ

橙は、インドが原産で、中国を通じて日本に伝来しました。実が熟しても木から落ちることなく、2~3年は木の枝についているという特徴があるため、日本では「代々(だいだい)」と呼ばれるようになりました。
 
このことから、「一家が代々長く続くように」という願いを込めて、お正月には橙を飾るようになりました。
 

なぜ正月に柿を飾るのか?

「串柿」とは?

鏡餅の橙と一緒に飾る「串柿」。その名の通り、串に刺さった干し柿を指します。
 
1本の串に2・6・2の合計10個刺さったものには「いつもニコニコ(2個2個)仲むつ(6個)まじく」、1・3・1の合計5個のものには「一人一人(1個1個)が皆(3個)幸せに」との願いが込められています。
  

幸せを“かき”集める

それでは、なぜ柿がお正月飾りに使われるのか。それは、柿を「嘉来」と書き「幸せがやって来る」という語呂合わせや、柿は長寿の木であることから、縁起の良いものとされているからです。
 
また、干し柿に大きな種が一つ入っていることから、子宝に恵まれるという意味も込められています。
 

お正月に飲みたい、みかんや柿のお酒

まるごと完熟温州みかん


国産の果実をまるごと使用した、完熟濃厚な味わいが特長の果実のお酒”まるごと完熟シリーズ”の第一弾商品。まるでみかんを食べているかのような、プチプチとした食感と、濃厚な甘酸っぱさを楽しめます。
 
商品の詳細はこちら
 

和歌のめぐみ 有田のみかん酒


”みかん王国”ともよばれる和歌山県有田市のみかん果汁を100%使用し、甘さと酸味のバランスがよく飲みやすいお酒です。とってもフルーティーで飲みやすく、果実酒好きにはたまらない味わいです。
 
商品の詳細はこちら
 

KURAYA 柿


とろとろの果肉感と柿本来の風味を生かしたモダンな味わいが魅力の、SHUGARオリジナル商品です。熟れた柿を食べているかのような濃厚な味わいは、食後のデザート酒におすすめです。
 
商品の詳細はこちら
 


いかがでしたか?みかんや柿がお正月飾りに使われる理由を知ると、普段のお正月もなんだか楽しくなってきますね♪
 
お正月にはみかんや柿のお酒を飲んで、縁起を担いでみてはいかがですか?

shugar
shugar

SHUGARの公式情報をいち早くお届けする公式アカウント。

SHOP LIST

店舗一覧

SHUGAR MARKET 渋谷店

SHUGAR MARKET 新宿店

SHUGAR MARKET 福岡天神店

SHUGAR MARKET 横浜店

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

メルマガ登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします